--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.16(Fri):録画&編集&エンコ
えーども
じゅんじゅんです

なんかしらんが頭が痛い!

しかし我慢できないほどでもないのでとりあえず放置w

本題はこんな話じゃないんだよww


実は先日Bushから『エンコード方法わかりにくいっていうかわからん』という相談を受けたので
今まで俺が動画で繰り広げた?動画エンコードや編集、録画の方法などをここに記しておこうかと思います

まあネットに転がっているものや、ありえないくらい高いものまで幅広く説明していこうかと思いますが!


かじった程度しかできないものもありますのでそこはご了承くださいませませ


まずは俺が使っているものを↓に記しておきます

実況動画で使っているソフト一覧

動画編集:

PremierePRO CS4(高い)

Windows Liveムービーメーカー(無料)

ニコニコムービーメーカー(画像版なら無料)

NicoVisualEffects (NiVE)(無料)

Corel VideoStudio(まだ安い)

aviutl(無料)



音声録音:

スカイプ録音アプリ Tapur

SONY ICD-UX200 (icレコーダー)+SONYの7千円くらいのマイク



エンコード関連:

MediaCoder(めっちゃきれいにh.264変換できるが音ずれあり)

Avidemux(MediaCoderで音ずれしたやつを再エンコなしで調整できる)

aviutl(音ずれなしでmp4変換するけどあんまり画質よくない
もしかしたらS端子やD端子やHDMIでキャプチャした動画ならきれいに変換できるかも)



キャプチャーボード:

GV-MVP/RZ3(現在故障中、もしかしたら録画ソフトが壊れたのかも)

GV-D4VR(未使用、今後活躍させていきます)



分配器

SONY SB-RX300D AVセレクター D端子対応(12800円 D端子専用 1つの出力を2、3個に同時分配できます)

フジパーツ ピン端子-ピン端子中継プラグ AC-333 (3色コンポーネント専用 つなぐだけ)



画像編集

SAI




こんな感じで、キャプチャして編集、アップしてる次第でございます


んでたぶん一番知りたいのはエンコードではないかと思うので先にそちらから説明させていただきます

俺が使っているのはMediaCoderというエンコーダーです

なぜMediaCoderを使うかというと

メリットとしてはエンコードが速く、そしてほとんど設定をいじらずに高画質エンコードをしてくれるからです

デメリットももちろんございます(泣)
それは動画の内容と音がずれてしまうというものです

一応MediaCoderに音ずれを直す『オーディオ遅延』という項目もございます
WS000004.jpg

とりあえず先にエンコードの設定をお見せしましょう


の前に!



まず準備をしてもらわないとこれを使うことは出来ません

最低限用意するものは2つです

MediaCoder (Verは0.6以下が良いとか言われてますが別に最新Verでも全然かまいません)
Nero Encoder (オーディオコーデックの1つでこれが無いとH.264にしたとしても音声が最悪です)

MediaCoderをインストールしてもらって(そこらへんは調べてくださいというかYesとかIagreeとか押してたらインストールできます)その後にNero Encoderを入れましょう

まずNero Encoderの圧縮ファイルを解答すると以下のファイルが現れます
WS000006.jpg

そこにあるwin32を開いてもらうと3つのアプリケーションファイルがあります
WS000007.jpg
これがNeroEncoderです


この3つを指定の場所にコピーしてください

Program Fails→MediaCoder→codecs

codecsのフォルダ内にコピーしてもらえれば準備完了です


次はMediaCoderを立ち上げて設定をしましょう 難しくないっすよ~
設定は1回決めればあとはいじらなくていいので最初だけ頑張ってください^^

まあ画像用意してますのでそのとおりに設定してくれれば大丈夫です

まずはビデオタグを設定しましょう
WS000010.jpg

右の欄はいじらなくていいです かえってややこしくなるかもなので

この左の欄の右のKbpsは動画の容量を決めます
動画時間によって設定する数字が違うので100MB以下なるようになんとか抑えてください

大体の時間で書くと

12分くらいの動画なら1000kbpsでもいけます
つまり倍の24分なら500kbpsくらいに設定してください

こちらを参考に→ビットレート計算機



次にオーディオタグ設定
WS000011.jpg

先ほど入れたNeroEncoderが反映していればあるはずなのでそれを選んでください

基本的に形式はLC-AACで良いと思うのですが、HE-AACでもあんまり変わりません

あと右の項目は絶対にTarget Bitrateにしてください
じゃないとNero Encoderにした意味がなくなります

あと俺は音声Bitrateを64にしていますが別に56とか少し下げてもそんなに変わりません
が!
下げすぎると死んでる音質になるので気をつけてw


次にコンテナタグ設定
WS000012.jpg

あんまりいじるとこねーなww

MP4=H.264(まあここではですが)なので『俺はH.264にしたいんや!MP4やない!!』って思ってる人は間違いです


次に画像タグ設定です
WS000013.jpg


ここでニコニコの動画の規定サイズ512x384か512x288を設定します

なぜ2つもサイズあるの?っていうのはですね

4:3(ブラウン管や3色コンポーネント)の場合は512x384で変換して

16:9(ワイドテレビ、液晶テレビやS端子、D端子、HDMI端子)の場合は512x288で変換するとアスペクト比(縦横の比率)が正しく変換されるのです

だからリサイズの所はキャプチャしたときの配線や設定で変えてください
ほとんどは4:3だと思いますが

WiiやXbox360はゲーム画面で4:3か16:9かを設定するみたいですね

あ、あと概要は気にしないでください
これは全体の設定を見やすくしたものですから


最後はsoumndタグです これ以降のタグは初期のままなのでいじってません
WS000014.jpg


あと右上の出力フォルダを決めておいてください
そこに変換した動画が表示されます


これで最後です

おつかれさま~♪




さて早速動画を変換してみましょう
本当は3分とかそういう短い動画でテストするほうがいいんですがほとんどの人はぶっつけ本番ですよね~

なので今回は次回あげる予定のバイオPart16でやってみます

WS000015.jpg

今回のバイオは12分40秒だったので動画ビットレートは800にしています


補足説明ですがビデオビットレートを入れて、
右の概要タグを開き1番下を見るとありがたいことに推定ファイルサイズが
書かれているのでそれを目安にすることもできます

100MBを超えていなければ上のメニューにあるSTARTボタンをクリック


すると自動でエンコードが開始されます
(ここでなにかしらの注意を受けてぶっ飛ばされて変換できなかった人はもう一度設定を見直してください)

エンコードは速いんですがたまにめちゃ長いときもあります

あとaviからMP4にするときは遅いです


変換されたら動画を確認してみましょう
なにかしら違和感があると思います

それは音ずれ!音ずれの訪れ!!

はい!おもんないこと言ってないで解決しましょうかw

昔俺もこれでだいぶ悩みましたorz

MediaCoderにもオーディオ遅延を直す項目があるのは先ほど言いましたよね
しかしこれは変換した後でないと確認できません

もしオーディオ遅延が完全に直ってなかったらまたやり直しといううっとおしいことになります


そこでこれが登場!

Avidemux

これは動画を見ながら音ずれを直せて、なおかつ再エンコなしで画質劣化もしないすぐれものなのです!

これは海外のアプリなので日本語にしないとよくわかりません
だから日本語のAvidemuxを用意してインストールしましょう

Windows7対応しています(俺がWindows7なので)

まず入手先を→Avidemux

んでここで注意

Ver2.5から日本語に対応していないのでAvidemux_2.4.4_win32というものをダウンロードしましょう

ある場所は『その他全ファイル』の下のフォルダマークをクリックして2.44の文字をクリックすれば
目的のAvidemux_2.4.4_win32があると思うのでダウンロードしてください


インストール方法も特殊です
インストール方法はこちらに載っているので参考にしてください


んで日本語になったところでやっていきましょうか

まず起動
WS000016.jpg


あ、この動画はバイオPart10画像です


音ずれを直したい動画を読み込んでこの画面と同じ設定にしてください
音声の下の『ずれ』にチェックを入れて再生しながらちょっとずつ数字を変えていきましょう

動画が速くて、音声が遅い場合は数字を下げましょう
-160とか-100とか

動画が遅くて、音声が早い場合は数字を上げましょう
160とか100とか


しかしMediaCoderで変換して音ずれしたのならばほとんどの場合は数字を下げます
大体-100~-200の間がちょうど合う感じですがピッタリ合わすのは至難の業なので「合ったかな?」と思ったらそこで良いと思います


そして保存 名前は少し変えておいてください
すると名前だけで拡張子がないファイルが保存されているはずです

WS000017.jpg

これは名前を変更で拡張子『.mp4』をつけないと動画ファイルとして認識してくれない状態です

拡張子.mp4を入れると
WS000018.jpg

このように動画ファイルになります

あとは確認のために再生をして、音ずれが直っていればニコニコ動画に投稿ヒャッハー!



長くなりましたがエンコードはこんなもんです

Aviutlはほかの方々が変換方法を書いてるからめんどくさいので書きません


次回はたぶんPremiere Pro CS4の操作方法とか書くかもなので参考になれば幸いです



頭いてえww
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。